読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涼野のOLU CREATEな日々

なんとなく不安で泣いていた自分から卒業する!28歳からのイマドキ女子の女性幸福論「カラーシグナルセラピー」代表スズノのつぶやきブログ。

「なるはや」っていつまでやねん。とイラッとしたけど掘り下げてみたらすごい本音に気付いたよ!

ブログ わたしはこう想う こころのはなし

いやぁ〜寒い。

 

東京は雪が降っているそうですね!
熊本も明日は雪の予報・・・
寒いのは苦手なので
冬将軍殿、どうかお手柔らかにたのみたい。

 

ストーブに近づきすぎて
背中がアッチチ!とかゆくなっている
スズノです。こんばんは(●´艸`)

 

 

さてさて本日は「なるはや」という言葉に
反応して、あらゆる思考や感情が
ぐーるぐるしているな!?と
気付いたので、ちょっと深掘りしてみました。

 

わたくしスズノは本来、もンのすごく真面目です。
(じゃなきゃ「べきべき星人」にはなってないよね)

 

仕事の依頼がきた時
期限がキツイものだったりすると
ハンパなく胃がキリキリします笑

 

 

ただ、期限が最初からわかっていると
間に合わないならそれはそれで
「納期ご相談」のしようもあるのですが

 

「なるはやで♪」と言われると
期限をいつに設定したらいいのかわからない。

 

通常タスクの手が空いた時にやった上での
私的な「なるべくはやく」でもいいのかしら?

 

そりゃ可能な限り早く欲しいという
お気持ちを汲むことはできますよ。
だから頑張って急いで仕上げますし。

 

しかし、あえて言おう。
「なるはやで」と依頼してくる人ほど
最速で納品しても、レスポンスは「激おそ」であると。


いや、別にわざとじゃないんだろうけど・・・
確認だけしてお返事くれないだけかもだし
んーでも結局急いでなかったんじゃね?
あーどうしても早く欲しいわけじゃないのね〜、と
嫌味のオンパレードになるスズノが出現します(笑)

 

まぁこんなときは最初から
「せめてこの日までには」という期日を
教えてもらうように
しっかりとコミュニケーションをとる!
ってのが、スズノの対処法です。(至極フツーだね)

 

まぁね。お仕事やっていれば納期調整とか
イチイチ交渉するのもめんどくて
「なるはやでお願いします」と言われたら
「いつまでですか?」と食い下がらずに
スマートに承るのがアルアルなんでしょうけども。

 

なんかね、こー、イラッとするんですよね笑

 

別にお客様もお仕事仲間も、悪気がないのに・・・
はて何に反応してイラッとしているのだろうか・・・

 

 

深掘りターイム♪♪♪ε=ヾ(*・∀・)/

 

 

☆出来事☆
「なるはやで」とお仕事を依頼された

 

 

 

★スズノの反応★
イラァッ(▼皿▼##)!?
で、いつまでなの?急ぐにもいろいろあるんですけどー
スケジュール調整するのめんどくさいよぉー
こっちの「なるはや」で進めてて催促されても嫌だしな〜
「なるはや」って人によって感覚ちゃうやんけ
→私の「なるはや」が遅いと思われたくないだけ
つまりは「スズノは使えないやつ」と思われたくない
あーもうなんやの、ハッキリ期日を言ってよー
てかちゃんと確認すればよかった・・・
ウダウダ・・・・・・( ̄◇ ̄;)

 

たった一言「なるはやで」とお仕事を依頼されただけで
ものすごい反応してますね笑

 

さて、相手に対して
どんなセリフを心の中で叫んでいるのでしょうか?

 

 

♡スズノの心の叫び♡
きっとお客様的には「スズノさんも忙しいだろうから『至急』とは言えないけど『なるはやで』とお願いして他より優先してもらおう」とか思ってんだろうなーあぁめんどくさ!いつまでに欲しいかハッキリ言ってよ!(※妄想純度100%!!!!)

・・・てかそれでもし3日後に出したら「遅い」とか言われるかな。仕事できないやつって思われたくないなー

 

 

イラッとした反応を掘り下げてみるときのポイントは
相手に対してどんな毒づきをしているか!!!!
ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ

 

そして重要なのは
心の叫びとは ※妄想純度100%!!!!
であると認めること。
(だって!でも!私が正しいのに!はナシ。)


☆出来事☆はお仕事を依頼された時に「なるはやで」と言われた
それだけです。以上終了!(*´﹀`*)

 

・・・それだけ、なのですが。
スズノは反応して感情がうごき
あれやこれやと考えて
上記のような心の叫びをあげていました。

 

人といういきものは
言葉を習得し社会と関わっていくなかで
あらゆる既成概念をすりこんでいきますから

 

そのたくさんの「既成概念コレクションBOX」から
☆出来事☆という刺激に対して反応し
AといえばB的な既成概念をひっぱり出して
無意識に妄想し
勝手に感情がうごき心の叫びをシャウトする・・・

 

そういう風にできているんですね。

 

そこには良いも悪いもなく

ただ、そういう風に、できている。

 

なんとも面白いものです。

 

なので、「どうして自分はいつもこうなんだろう」
なんて悩んでも、どうしようもないんですよね。
そういう風に、できているのでヽ(*´∇`)ノ

 

まぁ今回は「イラッ」とするのが
不快だったので、ちと冷静に
自分の心の反応の構造を掘り下げてみようと
研究してみた訳であります。

 


構造がわかってくると
対処のしがいがありますからね♪

 

 

そして、↑の心の叫びをさらに掘り下げると

 


♡「わたしも大切にして、優先してほしい」

♡「使えないやつって思わないで」

 

という、なんとも弱くて小さくて
被害妄想たっぷりで
めそめそした自分が見えてきました。

 

ふふふ。ちっさ。(o´艸`)

 

誰も、あなたを「使えない」だなんて
言ってませんからー!!!!!笑

 

そしてこのセリフ。
実は自分で自分に言ってるセリフなんです。

 

「自分より周りを大切にしなくちゃ」
「優秀でいなくちゃ、認めてもらえない愛されない」

 

という、ある意味「呪い」のような設定を
スズノは成長過程でつくりあげてきていました。

 

でもこの設定をつくったのはあくまで
社会と関わるなかで
つくりあげてきた「涼野リノ」という存在。

 

本来のスズノはずーっと
「もう、その設定を終わりにしていいんだよ」
と教えてくれています。

 

♡「わたしも大切にして、優先してほしい」

♡「使えないやつって思わないで」

 

というセリフ(本当の心の叫び)は
「なるはやで♪」と言ってくるお客様に対して
言っているように見えて
実は自分に訴えかけているんですね〜。

 

あぁ、なんかゴメンね、わたし。
いつもありがとうね、わたし。

 

どんな出来事にも
あらゆる反応がおきます。

 

そこで何か「不快」なものを感じたら。
じっくり掘り下げてみると

 

今回みたいに「心の奥底にいる本来の自分」からの
メッセージを読み解けたりします。

 

一人だと途中で投げ出しそうだわーって方は
ぬり絵を使って楽しみながら
スズノと一緒に読み解いてみましょう〜♪

 

ではでは、温かくして寝ましょうね〜(*˘︶˘*)

 

あなたにも雪崩のごとくハッピー&ラッキーがふりそそぎますよ♪

ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしています。

ありのままって、いまのまま。

こんにちは꒰ ∩´∇ `∩꒱

 

今日はパーマネントをかけてきましたよ。涼野リノです。

 

半年くらい前から髪を伸ばしているのですが、コケシ並の直毛なスズノは伸ばしかけが扱いにくいのなんのって。生え方のクセがあるために襟足は浮くし、横から見たら絶壁なのに毛量が多くてもさっとしてるし。

 

パーマをかけたら、何となくイケてる感じになった気がします!(⊙ꇴ⊙)※当社比。何はともあれコレでしばらくまた伸ばせそうです。

 

 

さてさてタイトルの「ありのまま」というキーワードですが、数年前にアナ雪のヒットソングでも有名に(?)というか流行りましたよね。

 

 

「ありのままでいる」とは、どういうことだと思いますか?

 

 

いや、そのまんまやろというツッコミを入れたくなったあなたも、質問の意図が分からないあなたも、どうかそのまま読み進めてください(笑)

 

 

スズノが東京で働いていた頃、派遣社員と週末起業とバーのバイトと…とか色々と生き急いでいた時期があったんです(笑)

 

その頃、常に「今の自分よりもっと良くなりたい!」という、なんちゃって向上心を元に毎日のハードワークに励んでいました。

 

「ありのままでは成長しないじゃないか!成長なきところは衰退か淘汰しかない!発展してこそ現代に生きる人間の醍醐味だ!社会貢献だ!」と毎日自分に言い聞かせていました。

 

それで上手くいく人はそのままで良かったのでしょうが、スズノの場合はこのなんちゃって向上心が逆に自分を苦しめ、前進する邪魔をし、あらゆる「歪み」をもたらしました。

 

 

紆余曲折を経て気付いたのは、なんちゃって向上心の根っこには「自己否定」があったということ。

 

 

今がダメだから、頑張る。

頑張らなかったら価値がないから、頑張る。

 

 

という根本的な自己否定。

 

 

ほーんと、「なんちゃって」な向上心でしたよ。だって実際には「本当は頑張りたくないなー」と思ってましたし(笑)

 

 

心が上を向く、とは読んで字の如し。

スズノが「なんちゃって」だった時、アタマとカラダを無理矢理向上させてばかりで心がついてきていませんでした。

 

 

本当に自分を勇気づけ、力づける向上心は、ありのままの自分を受け入れられた時に生まれるものなんだなと今では身をもって理解しています。

 

「いまのままで自分は完璧で、最高に素晴らしく幸せ」という「事実」を受け入れられた時にフッと沸き起こる、底知れぬエネルギーみたいなもの。

 

 

なんだかきな臭いですか?(笑)でも、世界はそういう風にできている。みたいですよ。どうやら。

 

 

いまのままを、受け入れる。

良いも、悪いも関係なく。

 

 

なかなか難しいんですけどね。

自由に表現を楽しむって、意外とムズかった。

こんばんは〜(´・∀・`)♡

 

28歳からのイマドキ女子の女性幸福論
3ヶ月で「他人軸」から「わたし軸」へ
「カラーシグナルセラピー」

 

代表セラピストのスズノでございます。

 

 

2017年はじめての投稿が 2月になりました〜笑

いろいろとアナログで書き溜めてるので
せっせとアップしていきますね。

 

昨年末に 「べきべき星人」であるために
自分に「完璧さ」を求めるあまり
あんまりブログを更新できていない・・・
でも本当は書きたい!
だったら書けばえーやーん(๑¯ω¯๑)

 

という一人ツッコミを入れて
「自由気ままにブログ記事を書くぞ〜」
なんて思っていたのですが。

 

やはり癖というか習慣というか
ついつい「テーマを統一するべし」とか
「読みやすさを考えるべし」とか考えて
結局更新しない私(爆)

 

そんな真面目な自分を可愛がってあげようかなと
思った次第であります。

 

今年のスズノリノのテーマは
「自由に表現を楽しむ」です。

 

文字を書くことも 絵を描くことも
歌をうたうことも
人と話したり 誰とも話さなかったり
笑顔になったり 不機嫌になったり笑

 

どれも、すべて「スズノリノ」の表現です。

 

そこに上手い下手だの正しい間違っているだの
うんたらかんたら「でんでん」笑 かんぬん

 

他人からの解釈、評価を 気にしなーい!
というチャレンジです。

 

いや、実際むちゃんこ気にしますよ。

 

そりゃあ「下手だね」とか「間違ってますよ」とか

あるいは全否定とかされたら 悲しいですし腹も立つ。

 

でも、それはあくまで

その人自身の解釈、評価でしかないので

事実ではない。絶対ではないんですよね。

 

そこに、ただ、存在している
事実は、だだ、「ある」それだけ(`・ω・´)b

 

そこにつけられる解釈は無数にあってOK!
なので 惜しみなく、表現を楽しむ。

 

「スズノリノ」という表現を 発信していきますね!

 

最後まで読んでくださって
ありがとうございます(人´ω`*)♡

 

そんなあなたには雪崩のごとく
ハッピー&ラッキーがふりそそぎますよ♪

 

すばらしい〜♪♪♪

 

ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしています。

こころのコップ

こころのはなし ブログ

こんにちは〜(o^∀^o)

 

熊本は久々のお天道さまが

おめみえしとります♪

 

なんとなく不安で泣いていた自分から卒業する!
28歳からのイマドキ女子の女性幸福論
3ヶ月で「他人軸」から「わたし軸」へ
「カラーシグナルセラピー」

 

OLU CREATE スズノです_(:3」∠)_

 

みなさん「こころのコップ」ってお話

聞いたことありますか?

 

私が初めて教えてもらったのは確か中学3年の担任の先生の話だったかな。

 

短いホームルームの時間に

わざわざ

コップとペットボトルに入れた水と

こぼれてもOKなようにバケツを

用意してお話してくれました。

 

私は割と記憶を

ビジュアルでインプットしているので

今でも、教壇に立った先生が

ジャバジャバコップに

水を注ぎながら

説明されていた光景を

時々(本当に時どーき)思い出します。

 

内容は確か…

こんな感じでした。

 

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*

こころのコップが

まっすぐ上を向いていると

こうやって水を注ぐと

水はドンドンたまっていきます。

 

こころのコップが

下あるいは横を向いていると

お水を注いでも一向に

たまっていきません。

 

そして上を向いていても

斜めを向いていたら

お水は少しずつしか

たまりません。

 

せっかく上を向いているのに

もったいないですね。

 

みなさんのこころのコップは

どんな状態でしょうか。

 

お水は、いろんなヒトモノコトからの

教えや気付き、学びの例えです。

 

毎日たくさんのお水が

みなさんに注がれています。

 

どうか、こころのコップを

まっすぐに

生きていってほしいです。

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*

 

てな内容だったかなぁと。

完全なるスズノの脳内再生ですので

「なんか私が知ってるのとちゃうわ」ってなったらごめんなさい_(:3」∠)_

 

 

ちなみに私は大学のとき

さらに他の方から「こころのコップ」

アップデート版を

おしえてもらいました。

 

 

それはこんな内容でした。

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*

大人になった  わたしたちの

こころのコップには

すでに、いろんな水が入っていて

もし何かしらの「生きづらさ」を

感じているなら

いまコップに満杯の水は

ドロ水だったり

なんだか良くわからないけど

ダクダクににごっているのかも

しれません。

 

それに気付いたら

コップに新しくクリアな水を

注ぎつづけましょう。

 

コップにたまっていた

にごった水があふれ出て

クリアな水に

入れ替わるまで。

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*

 

という感じ。

 

どちらも

わかりやすい例えですよね〜( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ちなみに(o´艸`)

スズノのこころのコップは

だいたい垂直に上を向いていますが

すーごくすーごく小さいです(笑)

デミタスカップかってくらい。

 

なので

スグにあふれます。

でもその分、リセットが早いです。

 

 

昔は、コップを大きく頑丈にしようと

今あるコップじゃなくて!

もっと!なんか違うのが良い!

ってな具合に

じぶんのこころのコップを

なんとか改造しようとしてた気がします。

 

でも今は

このデミタスカップで

うすはりグラスくらい繊細な(笑)

ちーちゃいコップが

スズノの個性だよなぁと思えます。

 

 

さて。

みなさんのこころのコップは

どんな感じですか?

 

もし何か感じたことが

ありましたら

記事下のコメントや

TwitterFacebook

つぶやいていただけると嬉しいです♡

 

 

今日も読んでくださって

ありがとうございます◟꒰◍ ´꒳` ◍꒱◞

 

 

そんなあなたには

雪崩のごとくhappy & luckyが降りそそぎますよぉ〜♪♪♪♪

だからコップを上にしといてね!(笑)

 

それでは、また(ノ´³`)ノ♡

 

ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしています。

 

「〜べき」という呪縛【自分につける足枷】

こころのはなし ブログ

本日二度目の記事です。こんばんは(人ω・*)

 

キットカットって日本だと数十種類あるそうなんですが
欧米にはスタンダードなやつしかないんですってね。

 

あ、でも私はキットカットより
アルフォートが好みです♡

 

28歳からのイマドキ女子の女性幸福論
3ヶ月で「他人軸」から「わたし軸」へ
「カラーシグナルセラピー」

 

代表セラピストのスズノですますござる。

 

先ほどの記事で
私は「べきべき星人」ですとカミングアウトしたのですが
この「〜べき」という考え方は
どちらかというと他人へ向けてより
自分自身につけた足枷として私を縛り付けてきました。

ん〜というか現在進行形で
まだまだ自分で自分を縛り付けています。

 

セラピストなんて名乗っていますが
私は聖人ではないので
喜怒哀楽もあれば悩みもします。

 

しかし、自分の本音ののぞきかたを知って
「わたし軸で生きる」面白さを知ったので
毎日自分のからだとアタマとこころを使って
実験、修行をしています。

 

なので、かつて「他人軸」で生きていた時の癖が
ヒョッコリ顔を出すと
おぉ〜キタキタ!と思って自分の現状を受け止め
「わたしは本当はどうしたい?」と
自分に問いかけ、「わたし軸」に戻しているだけ。

 

昔よりは、「わたし軸」に戻ってくるまでの時間が
早くなったかなぁと思います。
いや、タイムとってないからわからんけど!

 

 

え〜っと。なんの話だったか。オイ

 

 

あ、そうそう。「〜べき」という考え方で
ついつい自分の「やりたい」に足枷をつけていませんか?という話。

 

この「〜べき」って結構やっかいで。
人に対して「〜べき」って言葉が出てきた時は
先ほどの記事でご紹介したような方法で

olucreate.hatenablog.com

自分の本音を掘り下げてみると
「本当はわたしは〜したい」という言葉に
言い換えしやすいんですけども。(慣れればね)

 

自分に対して「〜べき」って思っている時って
「べき」って言葉じゃなかったりするからもー、ややこい。

 

たとえばね、スズノは完璧主義のあまり
自分の「やりたい」に足枷をつけていることがあるんです。

 

ぇ?それで完璧だと?とか思った方がいるかどうかわかりませんがw
完璧ではなくとも、自分の中で
「人前に出すならこれくらいのレベルにしないと」っていう感覚が
どーしてもあるんです。
特に絵を描いたりDTPデザインという表現のお仕事をしているとなおさら。

 

今回、このブログでも同じことがありました。

 

スズノの記事をお一人でも楽しみに読んでくださる方がいるとしたら
その方に役に立ったり共感してもらいやすかったり
分かりやすいような記事をアップしよう。

 

そう思うあまり、毎日思い浮かんだネタを
「記事」というスズノが求める体裁に整えるまで温めて温めて・・・
結局時間がかかるので毎日アップできてないという(爆)

 

でも今日思ったんです。

 

自分の思ったこと、経験したこと、書きたいことを記事にしようって。

 

結局、役立てるかどうかなんて、人次第ですものねぇ。
スズノのお勧めが役立たずなこともあれば
スズノの適当さが役に立つこともある訳で。

 

こんな変な人でも立派ににんげんとして生きてるんだー

 

そんな風に思ってもらえたらそれで良いのかなと思っています。
意図したことがそのまま伝わる訳ではないですしねぇ。

 

 

タイトルにあった、【自分につける足枷】ですが
ついついみなさんも、そんなことありませんか?

 

自分の中で「〜した方がいいよなぁ」と思って
気合を入れすぎて結局動かずに終わってしまうこと。

 

一度なんにも気負わずに「ダメでもいいやぁ」と
ハードルを下げて、中途半端にでも動いてみませんか?

 

意外と上手くいったら、もうけもんですしね ε=ヾ(*・∀・)/

 

 

最後まで読んでくださって
ありがとうございます(人´ω`*)♡

 

そんなあなたには雪崩のごとくハッピー&ラッキーがふりそそぎますよ♪

 

さっ☆今日のご飯は親子丼だ(о♡∀♡о)
また明日〜♪

「〜べき」という呪縛【他人におしつける"正しさ"】

こころのはなし

こんばんちは〜୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

いやぁ〜熊本では週明けからずぅ〜っと雨です。
それでも近所のお猫さまたちは元気に今日もケンカしていますw

 

そうそう、九州の"本降りの雨"って慣れっこなんですが
東京に住んでいた頃はあのレベルを
"稀に見る豪雨"とか"嵐とか台風のような雨"扱いしていたなぁと
懐かしく思います。

 

28歳からのイマドキ女子の女性幸福論
3ヶ月で「他人軸」から「わたし軸」へ
「カラーシグナルセラピー」

 代表セラピストのスズノでございます。

 

最近、カラーシグナルセラピー以外のお仕事や
そのほか(主にこっち)にかまけていたら
ドンドンこちらの更新から遠ざかっておりました・・・。

 

 

多数派の"正しさ"が絶対とは限らない

タイトルにもある「〜べき」という呪縛ですが
この呪縛をわたしにかけている術師(笑)は
ほかの誰でもない、わたし自身です。

 

わたくしスズノは生粋の「べきべき星人」です。

ちょーーーーーーーーーーめんどくさいヤーツです。

しかも他人にそれを押し付けちゃった日にゃあもう大変です。

 

えぇ、そりゃもちろん世の中にはこの「べき」をルールやマナーとして大切にすることで成り立つ環境があるのも事実です。

 

ルールから逸脱した場合、罰則が伴いますね。

 

ではマナーを守らなかったら?罰は受けません。
ここでスズノが言うマナーとはザックリと広義で
同じ環境、コミュニティに属する人同士の「多数派が心地よく過ごせるように、お互いに期待する考え方や行動」をさします。

まぁもっと詳しく掘り下げると礼儀や作法という「テーブルマナー」とかで使われる「広辞●」的な意味になってきますが。

 

マナーを守るということは、自分以外の他者を思いやるという前提ですべてが始まるのでとても素敵なことのように思えます。

 

それが「他者を思いやる=自分も楽しい」なら最高ですよね。私は他者を思いやって温かい気持ちが循環している空間は大好きです。

 

しかしどうでしょう。
「みんなと同じように守るべき、そこから外れたら嫌われる、批判されるのが怖い」から、もしくは「こうしなさいと教わったから、そうするべき」という"正しさ"を信じて一生懸命守っていた場合、無意識に我慢が蓄積されていきます。

 

そして、文化が違えばマナーも違う。つまり、マナーや教わった"正しさ"は時と場所、人が変われば"正しくない"訳で。そんな不確かな"正しさ"だけにしがみついているとちょっと苦しくなってしまうよ、というお話です。

 

 

「あなたは〜すべき」という主張に隠された本音「私は〜したい」

自分がマナー、すなわち"正しさ"を守って毎日我慢をかさねている時に、目の前でマナー違反をして自由気ままにしている人を見たら・・・どうですか?

 

たとえば、ゴミのポイ捨て。目の前を歩いている人が道端に飲み終えたジュースの空き缶をポイッとしたのを目撃したら・・・?

 

許せんっ!!!!ってなりますよね。私はポイ捨てを見るとハラワタが煮えくりかえります(激情型w)

 

しかしその「許せない」と思った時の気持ちを、ちょっと掘り下げてみますといろんな感情が混ざっていることに気づくのです。

 

  1. そのゴミを掃除する人の気持ちを考えてみなさいよ!
  2. 自分のベッドに同じようにゴミを捨てられたらどう思うのよ!?
  3. ここはあなたのゴミ箱じゃないでしょ?
  4. ゴミまみれの環境を共有したくない!
  5. 私だったらゴミ箱を探すわ!(もしくは持ち帰る)

 

とまぁ、ざっとこれくらいでしょうか。
これをさらに一つずつ、噛み砕きますと。出るわ出るわ、私の本音www

  1. そのゴミを掃除する人の気持ちを考えてみなさいよ!
    →見たこともない、現れるかも分からない"誰か"を思いやる気持ちは大事。でもその"誰か"はその瞬間、自分ではありません。もしかするとその"誰か"は楽しんでゴミ拾いをするかもしれない(もちろん、そうではないかもしれない)!「他人のゴミを拾うことが嫌い」なのは実は自分。本当は自分がポイ捨て犯の代わりにゴミを拾うのが嫌なだけなんです。
    なので1を本音に言い換えると
    そのゴミを掃除する気持ちを考えてみなさいよ!私が掃除するの嫌なのよ!
    ですね。いや、別に誰もポイ捨てされてるゴミをあなたに拾えなんて言ってませんから。という話。

  2. 自分のベッドに同じようにゴミを捨てられたらどう思うのよ!?
    つまり2を言い換えると
    私のテリトリーにゴミを捨てられてるみたいで不愉快なのよ!察してよ
    となります・・・。おぉ、すげーワガママ笑

  3. ここはあなたのゴミ箱じゃないでしょ?
    →さてお次は「ゴミはゴミ箱に捨てるべき」という"正しさ"をふりかざしている分かりやすい考え。コレは日本の素敵な習慣と文化だと私は思っています。ゴミはゴミ箱へ、という当たり前が多くの日本人の共通認識なので、法律や条例で罰則を設けずとも清潔な街を保っているんですもの。
    ただ今だからこそ思うのは、絶対的に"正しい"訳ではないなということ。ん〜言葉って難しいですね。でも、ここで重要なのは心の根っこにある本音は実は"善悪でジャッジしている訳ではない"という点。私は、ゴミがそこらじゅうに散らばっているのが嫌いなんです。
    なので3を言い換えると
    私はあなたのゴミをゴミ箱へ捨てに行くのがだし、私の視界がゴミだらけになるのもなので、ポイ捨てしないでよ!
    なんですね。おぉ〜出てくる出てくる。でもコレが本音です。

  4. ゴミまみれの環境を共有したくない!
    →3で言い換えた文とつながりますね。そう、私は清潔な環境が好きです。おそらく大多数が同じだと思いますが。これは言い換えずともそのままが本音ですね。
    私はゴミまみれの環境を共有したくない!
    ってことですから〜。

  5. 私だったらゴミ箱を探すわ!(もしくは持ち帰る)
    →ついつい自分のこととして考えたり感じたりする習性がある私。それはそれで良いのですが「自分ならこうする」→「自分は"正しい"判断のもとにそうする」→「あなたも自分と同じようにするべきという思考サイクルへ陥ってしまうと苦しくなります。私にとっての"正しさ"は必ずしも相手の"正しさ"と一致するとは限りません。
    また、たとえばゴミ箱を探すのがめんどくさいけどポイ捨てを我慢して持ち帰っている時に、目の前で「ポイっ」とされたら・・・「私が"正しさ"をまっとうして我慢してるんだから、あんたも我慢しなさいよ!?ズルいぞ!」という気持ちも出てきます。
    すなわち、5の言葉を本音モードで言い換えると
    私はめんどくさくても我慢してゴミ箱を探すまで持ち帰るのにあなただけ身軽になって我慢もせずにいるなんてズルい
    となる訳です。

 

 

いちいち自分の本音を掘り下げて「ワガママ」言うより、"正しさ"をふりかざした方が簡単!…でも苦しいし、つまんないよ?

前述1〜5の表面的な言葉だけをなぞると、さも正義感や他者への思いやりに満ちた人の気持ちに見えますが、一つひとつその言葉の奥底にある私の本音を紐解いていくと、実はすべて自分本位な思考回路から出てきた声が隠されていたことに気がつきます。

 

でも、実は誰だって自分本位で生きているものです。
人のために頑張れるという人は、「人のためになっている自分が好きで楽しい」だけですしねー。私もそうですから。

 

本当は、自分が嫌だったり不快だったり居心地が悪かったり、自分が欲しかったりやりたかったりするだけなんですが、大人になるとついつい"正しさ"をふりかざして要求を通そうとしがちです。

 

"正しさ"を主張するのは、相手を従えようとすることと同じですから
善悪、主従、上下
という対極関係になりがち。
そして結果としてあまり気持ちのいいものではないことが多くなります。

 

私も、それに気がつくまでは「〜すべきなのに、そうしないあなたは良くない」と責めてしまったことがありました。(言葉で主張せずとも心の中でそう思っていたりね)

 

でも今はその思考回路に気づいたので。
他人に対して「〜すべきだ」と思った時は、ちょっと待てよと自分に言い聞かせ、本当は私は相手にどうして欲しい(もしくはして欲しくない)のかを掘り下げてみます。そして「私は〜したい、〜は嫌です」という本音を相手に伝えるよう努力しています。

 

こうするだけで、だいぶ以前感じていたストレスがなくなりました。

 

ま、自分の本音って実はすっげーワガママなんやん!?と驚愕して、それをさらけ出す努力をすることが逆にストレスだったりしますがw 私にとってはそっちの方が良いストレスです。

 

あと、自分が言われる側としても「あなたは〜するべき!」と言われるより「〜したい(したくない)のでお願いします」と言われた方が要求そのものを聞く気になります。要求を受けるかどうかは別ですけどね♡

 

「〜べき」を振りかざされても、ムカつくか落ち込むか萎縮するかですもの。"正しさ"を使って自分の優位性を保ち相手を従えても、つまんないですよ。

 

「ワガママ」でも良いんですよ♡

 

ワガママを言えるってことは、相手と対等だと思っていて相手を信頼しているということ。「こんなこと言ったら嫌われるかも」という壁を乗り越えた先にある境地ですね。

 

ま、ワガママを言うってところはスズノも毎日修行中でございます(。>v<。)ノ゙

 

本日も最後まで読んでくださって
ありがとうございます(人´ω`*)♡

 

そんなあなたには雪崩のごとくハッピー&ラッキーがふりそそぎますよ♪

 

すばらしい〜♪♪♪

 

ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしています。

嫌われたくない!でもいっぺん、「いい人」をやめてみませんか?

こころのはなし カラーシグナル

こんばんは♪

 

最近、玄米の万能酵母液と納豆菌のチカラに驚いております。自分のからだで人体実験ちゅー♪また半年とか経って変化が出たらご報告しますね(*´∨`*)

 

菌が気になる方は、「万能酵母」「堂園」さんで調べるとチェックできますよ〜♪

 

28歳からのイマドキ女子の女性幸福論
3ヶ月で「他人軸」から「わたし軸」へ
「カラーシグナルセラピー」

 

代表セラピストのスズノです〜(*´∀`*)ノ

 

「嫌われる」のはこわい。でも自分のことが分からなくなる方がこわくないですか?

はい、のっけから恐怖心をあおってくる見出しですねぇ〜・・・なんつって。

嫌われたくないからと自分の好き嫌いを我慢してばかりいると、それが当たり前になってオトナになると「自分は何が好きで何が嫌いなのか分からない」状態になりますよ、というお話です。

 

なので、堂々と「好き嫌い」しましょう。

 

たとえ嫌う対象が「特定の人」であっても大丈夫です。あ、でも攻撃するのはナンセンスですよ!?「嫌い」からは逃げるが勝ちー♡

 

たとえあなたが誰かを嫌っても、その人の存在価値は変わらず愛されていて、あなた以外の他の誰かから好かれているから。そして、同じことが自分にも言えますね。

 

誰かに「嫌われた」と思う時に抱く感情は

悲しい
寂しい
ムカつく
大事にされていない(=大事にされたい)
などなどあると思いますが

 

他者にどう思われようがあなたの存在価値は変わらない。あなたは絶対的に愛されている存在だということ。↓↓↓詳しくは先日の記事で♡↓↓↓

olucreate.hatenablog.com

 

どんなご趣味がお嫌いですか?(日本語オカシイ)

お見合いコント(というジャンルがあるか知りませんが)をすると、必ずと言っていいほど「ご趣味は?」と尋ねますが、「どんなご趣味がお嫌いですか?」なんて聞きませんよね(笑)

 

でも今、好きなことを聞かれてパッと「アレが好き、コレが好き」あるいは嫌いなことを聞かれて「〜をするのは嫌い」とハッキリ答えられますか?

 

自分の好きなこと、嫌いなことをハッキリと自覚できていると、あとは選択するか否かを選べるので、たとえ我慢する場面があっても「あぁ、本当はコレ嫌いなんだよねー、ヤダヤダ!」と心のシグナルをキャッチし「次は我慢しないで拒否してみるぞ」という考えも可能になります。 (んでまた実行するかどうかは、修行なんですけどね ^^;)

 

しかし今のあなたが「好き」なことは出てきても「嫌い」が分からない場合もしくは逆の場合、そしてどちらもよく思い浮かばない場合、他人(ひと)に合わせすぎて自分の趣味を我慢し続けてきた結果そうなっているかもしれません。

 

ちょっといっぺん、やさしい「いい人」をやめてみませんか

念のため断っておきますと、スズノ自身も他人(ひと)にやさしくありたい、という気持ちは大好きです。私もやさしくされると嬉しいですし、自分もまた同じようにしてあげたいと思えます。しかし、そのやさしさが「人を喜ばせたい、幸せを分かち合いたい」ではなく「嫌われたくない」から無意識に選択した結果だったなら、ちょっと待ったぁああああ〜〜〜〜!!!(懐かしいあの番組のワンシーンを思い浮かべましょう♪) ですよ!ε=。 ゚(゚ノ´Д`゚)ノ゚。

 

「好き/嫌い」って言うと、どう思われるかな?相手に悪いかな?という考えがよぎる時は毎日、何気ない瞬間に訪れています。あまりに頻繁すぎて意識していませんが。

 

ここは、相手に合わせておこう・・・そうすれば丸くおさまる・・・ オトナの対応ですよね。空気読んでます。でも自分をころしています。

 

自分の心のシグナルを無視して、常に周囲に嫌われないための選択をしている状態を「他人軸」で生きていると言います。けっこう色んな人が使っている言葉なので見聞きされた方も多いのでは♪

 

「人に喜ばれるため」ではなく「人に嫌われないため」になっていると、いつまでたっても幸せを感じにくい体質になってしまします。

 

もちろん我慢するのが好きな人は、それが幸せなので良いと思うんです。そのままgoing your way。でも我慢しすぎると、だんだん相手に合わせるのが当たり前になり、選択する時の判断材料が常に「他人軸」になってしまいます。

 

そうなると、自分に無関心になってしまう。

 

好きなことが分からないので、自分を喜ばせるにはどんな選択をすればいいのかも分からない。嫌いなことが分からないので、さらに我慢することが増えてもストレスが溜まっていることに気付けない。 そのままでも生きていけます。そしてなんだかんだで大丈夫だったりします。しかし度が過ぎると、何かしらの「不具合」が生じてくるものです。

 

私の場合は分かりやすく、18歳でリウマチという自己免疫疾患となって現れました。肉体的にしんどい状況が続くと精神的にもまいってしまいますよね〜。

 

今は、精神的にも肉体的にも適切なアプローチができているので割と毎日が楽ちんです。(リウマチは時々、猛威をふるいますが)

 

一番、勇気がいるけどやってみたら(やり続けてみたら)なんか変わってきた!と実感しているのが「いい人」をやめてみる、でした。

 

あっ間違えないでいただきたいのが何も「いぢわるをしろ」とか「悪口を言え」とか「マナー違反しまくれ」とか言ってませんからね!?(言わんでも分かるか笑)

 

自分の「好き/嫌い」という心のシグナルをキャッチするために、まずは「ん〜なんか気が乗らない」とか「なんとなくやりたい/やりたくない」と感じたら、まずはその感覚を大切にしてみることですヾ(。>v<。)ノ゙

 

重要(&難易度高め)なのが、相手にその感覚を伝えてみること。

 

言えなくてもOK。その時は「あぁ、言えなかったな。でも本当は私ってこう思ってたんだ!次はどうやったら言えるかな」と心の中にいるちっちゃい自分(笑)と会話してみてください。

 

続けているとちょっとずつ、自分の「好き/嫌い」が鮮明になってきますよ。

 

本日も最後まで読んでくださって
ありがとうございます(人´ω`*)♡

 

そんなあなたには雪崩のごとくハッピー&ラッキーがふりそそぎますよ♪

 

すばらしい〜♪♪♪

 

ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしています。