涼野のOLU CREATEな日々

もっと、自由に、カラフルに。アートとこころのアレコレ。

「〜べき」という呪縛【他人におしつける"正しさ"】

こんばんちは〜୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

いやぁ〜熊本では週明けからずぅ〜っと雨です。
それでも近所のお猫さまたちは元気に今日もケンカしていますw

 

そうそう、九州の"本降りの雨"って慣れっこなんですが
東京に住んでいた頃はあのレベルを
"稀に見る豪雨"とか"嵐とか台風のような雨"扱いしていたなぁと
懐かしく思います。

 

28歳からのイマドキ女子の女性幸福論
3ヶ月で「他人軸」から「わたし軸」へ
「カラーシグナルセラピー」

 代表セラピストのスズノでございます。

 

最近、カラーシグナルセラピー以外のお仕事や
そのほか(主にこっち)にかまけていたら
ドンドンこちらの更新から遠ざかっておりました・・・。

 

 

多数派の"正しさ"が絶対とは限らない

タイトルにもある「〜べき」という呪縛ですが
この呪縛をわたしにかけている術師(笑)は
ほかの誰でもない、わたし自身です。

 

わたくしスズノは生粋の「べきべき星人」です。

ちょーーーーーーーーーーめんどくさいヤーツです。

しかも他人にそれを押し付けちゃった日にゃあもう大変です。

 

えぇ、そりゃもちろん世の中にはこの「べき」をルールやマナーとして大切にすることで成り立つ環境があるのも事実です。

 

ルールから逸脱した場合、罰則が伴いますね。

 

ではマナーを守らなかったら?罰は受けません。
ここでスズノが言うマナーとはザックリと広義で
同じ環境、コミュニティに属する人同士の「多数派が心地よく過ごせるように、お互いに期待する考え方や行動」をさします。

まぁもっと詳しく掘り下げると礼儀や作法という「テーブルマナー」とかで使われる「広辞●」的な意味になってきますが。

 

マナーを守るということは、自分以外の他者を思いやるという前提ですべてが始まるのでとても素敵なことのように思えます。

 

それが「他者を思いやる=自分も楽しい」なら最高ですよね。私は他者を思いやって温かい気持ちが循環している空間は大好きです。

 

しかしどうでしょう。
「みんなと同じように守るべき、そこから外れたら嫌われる、批判されるのが怖い」から、もしくは「こうしなさいと教わったから、そうするべき」という"正しさ"を信じて一生懸命守っていた場合、無意識に我慢が蓄積されていきます。

 

そして、文化が違えばマナーも違う。つまり、マナーや教わった"正しさ"は時と場所、人が変われば"正しくない"訳で。そんな不確かな"正しさ"だけにしがみついているとちょっと苦しくなってしまうよ、というお話です。

 

 

「あなたは〜すべき」という主張に隠された本音「私は〜したい」

自分がマナー、すなわち"正しさ"を守って毎日我慢をかさねている時に、目の前でマナー違反をして自由気ままにしている人を見たら・・・どうですか?

 

たとえば、ゴミのポイ捨て。目の前を歩いている人が道端に飲み終えたジュースの空き缶をポイッとしたのを目撃したら・・・?

 

許せんっ!!!!ってなりますよね。私はポイ捨てを見るとハラワタが煮えくりかえります(激情型w)

 

しかしその「許せない」と思った時の気持ちを、ちょっと掘り下げてみますといろんな感情が混ざっていることに気づくのです。

 

  1. そのゴミを掃除する人の気持ちを考えてみなさいよ!
  2. 自分のベッドに同じようにゴミを捨てられたらどう思うのよ!?
  3. ここはあなたのゴミ箱じゃないでしょ?
  4. ゴミまみれの環境を共有したくない!
  5. 私だったらゴミ箱を探すわ!(もしくは持ち帰る)

 

とまぁ、ざっとこれくらいでしょうか。
これをさらに一つずつ、噛み砕きますと。出るわ出るわ、私の本音www

  1. そのゴミを掃除する人の気持ちを考えてみなさいよ!
    →見たこともない、現れるかも分からない"誰か"を思いやる気持ちは大事。でもその"誰か"はその瞬間、自分ではありません。もしかするとその"誰か"は楽しんでゴミ拾いをするかもしれない(もちろん、そうではないかもしれない)!「他人のゴミを拾うことが嫌い」なのは実は自分。本当は自分がポイ捨て犯の代わりにゴミを拾うのが嫌なだけなんです。
    なので1を本音に言い換えると
    そのゴミを掃除する気持ちを考えてみなさいよ!私が掃除するの嫌なのよ!
    ですね。いや、別に誰もポイ捨てされてるゴミをあなたに拾えなんて言ってませんから。という話。

  2. 自分のベッドに同じようにゴミを捨てられたらどう思うのよ!?
    つまり2を言い換えると
    私のテリトリーにゴミを捨てられてるみたいで不愉快なのよ!察してよ
    となります・・・。おぉ、すげーワガママ笑

  3. ここはあなたのゴミ箱じゃないでしょ?
    →さてお次は「ゴミはゴミ箱に捨てるべき」という"正しさ"をふりかざしている分かりやすい考え。コレは日本の素敵な習慣と文化だと私は思っています。ゴミはゴミ箱へ、という当たり前が多くの日本人の共通認識なので、法律や条例で罰則を設けずとも清潔な街を保っているんですもの。
    ただ今だからこそ思うのは、絶対的に"正しい"訳ではないなということ。ん〜言葉って難しいですね。でも、ここで重要なのは心の根っこにある本音は実は"善悪でジャッジしている訳ではない"という点。私は、ゴミがそこらじゅうに散らばっているのが嫌いなんです。
    なので3を言い換えると
    私はあなたのゴミをゴミ箱へ捨てに行くのがだし、私の視界がゴミだらけになるのもなので、ポイ捨てしないでよ!
    なんですね。おぉ〜出てくる出てくる。でもコレが本音です。

  4. ゴミまみれの環境を共有したくない!
    →3で言い換えた文とつながりますね。そう、私は清潔な環境が好きです。おそらく大多数が同じだと思いますが。これは言い換えずともそのままが本音ですね。
    私はゴミまみれの環境を共有したくない!
    ってことですから〜。

  5. 私だったらゴミ箱を探すわ!(もしくは持ち帰る)
    →ついつい自分のこととして考えたり感じたりする習性がある私。それはそれで良いのですが「自分ならこうする」→「自分は"正しい"判断のもとにそうする」→「あなたも自分と同じようにするべきという思考サイクルへ陥ってしまうと苦しくなります。私にとっての"正しさ"は必ずしも相手の"正しさ"と一致するとは限りません。
    また、たとえばゴミ箱を探すのがめんどくさいけどポイ捨てを我慢して持ち帰っている時に、目の前で「ポイっ」とされたら・・・「私が"正しさ"をまっとうして我慢してるんだから、あんたも我慢しなさいよ!?ズルいぞ!」という気持ちも出てきます。
    すなわち、5の言葉を本音モードで言い換えると
    私はめんどくさくても我慢してゴミ箱を探すまで持ち帰るのにあなただけ身軽になって我慢もせずにいるなんてズルい
    となる訳です。

 

 

いちいち自分の本音を掘り下げて「ワガママ」言うより、"正しさ"をふりかざした方が簡単!…でも苦しいし、つまんないよ?

前述1〜5の表面的な言葉だけをなぞると、さも正義感や他者への思いやりに満ちた人の気持ちに見えますが、一つひとつその言葉の奥底にある私の本音を紐解いていくと、実はすべて自分本位な思考回路から出てきた声が隠されていたことに気がつきます。

 

でも、実は誰だって自分本位で生きているものです。
人のために頑張れるという人は、「人のためになっている自分が好きで楽しい」だけですしねー。私もそうですから。

 

本当は、自分が嫌だったり不快だったり居心地が悪かったり、自分が欲しかったりやりたかったりするだけなんですが、大人になるとついつい"正しさ"をふりかざして要求を通そうとしがちです。

 

"正しさ"を主張するのは、相手を従えようとすることと同じですから
善悪、主従、上下
という対極関係になりがち。
そして結果としてあまり気持ちのいいものではないことが多くなります。

 

私も、それに気がつくまでは「〜すべきなのに、そうしないあなたは良くない」と責めてしまったことがありました。(言葉で主張せずとも心の中でそう思っていたりね)

 

でも今はその思考回路に気づいたので。
他人に対して「〜すべきだ」と思った時は、ちょっと待てよと自分に言い聞かせ、本当は私は相手にどうして欲しい(もしくはして欲しくない)のかを掘り下げてみます。そして「私は〜したい、〜は嫌です」という本音を相手に伝えるよう努力しています。

 

こうするだけで、だいぶ以前感じていたストレスがなくなりました。

 

ま、自分の本音って実はすっげーワガママなんやん!?と驚愕して、それをさらけ出す努力をすることが逆にストレスだったりしますがw 私にとってはそっちの方が良いストレスです。

 

あと、自分が言われる側としても「あなたは〜するべき!」と言われるより「〜したい(したくない)のでお願いします」と言われた方が要求そのものを聞く気になります。要求を受けるかどうかは別ですけどね♡

 

「〜べき」を振りかざされても、ムカつくか落ち込むか萎縮するかですもの。"正しさ"を使って自分の優位性を保ち相手を従えても、つまんないですよ。

 

「ワガママ」でも良いんですよ♡

 

ワガママを言えるってことは、相手と対等だと思っていて相手を信頼しているということ。「こんなこと言ったら嫌われるかも」という壁を乗り越えた先にある境地ですね。

 

ま、ワガママを言うってところはスズノも毎日修行中でございます(。>v<。)ノ゙

 

本日も最後まで読んでくださって
ありがとうございます(人´ω`*)♡

 

そんなあなたには雪崩のごとくハッピー&ラッキーがふりそそぎますよ♪

 

すばらしい〜♪♪♪

 

ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしています。